TATITUDUKERU


あとわずかで100歳を迎えるM家住宅。
現代の住宅設備と古き良き趣が融合した住宅となる。

003
左:からし色の壁、木と緑とよく合います。
右:玄関の柱は他の古民家から譲り受けた。

 

002
左:唐松の床板は黒く塗り、壁は漆喰で白く。
右:落ち着いた雰囲気の照明。

 

001
古民家の雰囲気のなか壁紙のガラが映える。

 

【担当者コメント】
構造や基礎を現在の基準でしっかりと補強する。それが基本。
使う材料は、古民家のもつ風格・風情をそこなわぬようこだわるが、自然体なやわらかい雰囲気も持たせたい。

 

【施工内容】
住 所 : 筑紫郡那珂川町
工事日数 : 2ヶ月半
施工部位 : 古民家改装

2014-10-16 | Posted in 戸建て, 施工例 / worksNo Comments » 

関連記事