干草の香りがするカントリーミュージック・ライブハウス.


a003
福岡でもカントリーミュージックのライブを聞かせる店として有名な「チャックワゴン」様から今回リニューアルのお話がありました。博多の中洲にあった旧店舗がビル建て壊しの為、天神3丁目に移転オープンしたいとのご依頼でした。

 

parth
古材や、開店当初から36年間の歴史のある家具・調度品も再生。
このお店はカントリーのライブハウスとして長い歴史があり、古くからのお客がたくさんいらっしゃいますので、ドアや窓など旧店舗で長年愛用していたものを再利用、古きよき時代のお店の雰囲気を新しいお店に溶け込ませることが必要でした。

 

a004

a002

 

【お客様の声】
歴史のあるお店なので、旧店舗で長年愛用していたドアや窓などを再利用し、古くからのお客さんに懐かしんでもらいたいとのご要望でした。新装オープンでは多くの常連さんにお越し頂き、盛況でした。

 

【担当者コメント】

谷倉 秀治

谷倉 秀治

改装前はスケルトン状態の無機質なビルの地下室でした。また音響についても施工前はあらゆる音が乱反射していたので、内装を行うことでライブハウスの営業ができるだろうかと不安でしたが、なんとか解決できました。アメリカ田舎風のデザインは以前からもっとも得意とするところであり、逆にアイデアがどんどん出てきて、それをまとめるのが大変でした。

 

 

【施工内容】
工事期間 : 40日
住所 : 福岡市中央区天神3丁目1-16橋口ビルB1F TEL715-1455
施工部位 : フロア・バーンウッドオイル仕上げ、
壁 : バーンウッド、塗り壁、割り石タイル、塗装
建具 : 調度品:中古品(旧店舗から移設)又は古材を使用して製作、アメリカ製組立てキット家具
サイン工事 : 看板職人による手描き、アメリカ製ステンシル文字、ネオンサイン、鍛冶職人によるスチールワーク

2014-08-11 | Posted in 店舗, 施工例 / worksNo Comments » 

関連記事