• 真っ白なクロスでシンプルに仕上げたリビングダイニング。窓際は結露や色あせの影響を受けにくいタイルの床にしました。
  • リビングダイニング。扉の色でアクセントを入れました。
  • リビングテーブル上部の照明。お部屋に温かみをプラスしてくれます。
  • サンワカンパニーのキッチン。カーテンがいいアクセントになっています。
  • キッチンタイル上部は既存のコンクリートむき出しにしました。
  • キッチンシンク上部の照明。コンクリートとの組み合わせがインダストリアルです。
  • キッチンに立つK様。キッチンが新しくなって料理のレパートリーが増えたそうです。
  • グレーでまとめたトイレ。男前です。
  • 洗面台や棚受、分電盤隠し扉など全てオリジナルの脱衣洗面室。狭い空間ですが実は1番手間がかかっています(笑)
  • 玄関から見た脱衣洗面室。タイルを贅沢に使っています。
  • 玄関。有孔ボードで好きな場所に棚を設置できるようにしました。
  • 収納が充実したプランになりました。

男前インテリア ちょっぴりフレンチ

住所: 福岡市早良区南庄
金額: 約650万円
工事日数: 約2ヶ月
施工部位: 全面フルリノベーション

お客さまの声

母と二人でゆったり寛げる暮らしを・・・。でもどんな感じにしたいのか漠然とでまとまりはなく、また知識もないので提案というレールを敷いてもらいながら徐々に方向性が定まっていきました。

特に驚いたのは洗濯機はキッチンと洗面所側から、クローゼットはリビングと洋室1の両方から扉を開けられ、中は繋がっているという提案をされたことで、これは機能的でとても助かっています。
寛ぐ部屋には温かみのあるフローリングに照明、キッチンや玄関にはインダストリアルの要素も取り入れて正に私好みの家に仕上がりました。

築41年の家に魔法をかけてくれたミセスリフォームスタイル様に感謝!です。

スタッフコメント

  • 前川 弥生
    (意匠設計)

    部屋のどこにどんな色のアクセントを入れるか悩まれていましたが、クロスはシンプルに、扉の色でアクセントを加えたのが大正解でしたね。K様は素敵なお店や物をたくさんご存知で、打合せの度に新しい発見があり、仕上げを決めていくのがとても楽しかったです。またお家に遊びに行かせてください。
  • 井上 晴斗
    (営業)

    鉄・コンクリート・石とハードな要素と、白壁・ペイントドア・布素材のインテリアのやわらかみのある素材が、ふっと溶け合って印象的で上品な雰囲気を出してくれましたね。最初、ドアをカーキで塗るという時、アメリカ軍ぽいね、と冗談で言ってましたけど、すごく上品で全体的には女性的な感じがすごくします。携わった人それぞれの個性がうまく機能しているようで、これは成功といって良いのではないでしょうか。いわゆる公団マンションですので、間取りには制限が多く、苦悩しましたが、ご満足いただけているようで安心しました。これからも、インテリアを進化させていってください。ありがとうございました。

<使用部材>
◯床:無垢アカシアのフローリング、一部床タイル貼、一部床長尺シート貼
◯玄関床:モルタル塗
◯壁・天井:クロス貼
〇サブウェイタイル+アイアン足の洗面台、ナガイの建具+ベンジャミンムーアの塗装、有孔ボード 
◯UB:マンションリモデル(TOTO)
◯キッチン:グラッド45(サンワカンパニー)
◯洗面:ノーマル600(ADVAN)+ポストフォームカウンター
◯便器:GG1(TOTO)